PS1の名作ホラーゲームおすすめ一覧

PS1で発売された名作ホラーゲームをご紹介します。当時の映像技術の粗さが、逆に怖さを引き立てています。

トワイライトシンドローム -探索編・究明編-

発売日探索編(前編):1996年3月1日
究明編(後編):1996年7月19日
SP(探索編+究明編) :1998年7月2日
メーカーヒューマン
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

「トワイライトシンドローム」シリーズ第一弾で、90年代を舞台とした心霊系の横スクロール型の探索ゲーム。尖った作品が多いことで有名なクリエイター、須田剛一氏の初期作品(通称須田ゲー)。

当作品は探索編(前半)と究明編(後半)の2作に分かれていますが、後に探索偏と究明編がセットになった「トワイライトシンドロームSP」が発売しました。

女子高生3人を操作して、不穏な噂や都市伝説が漂う雛城町内の心霊スポットを探索し、その真偽を究明するという話で、1話完結型になっています。

心霊系ホラーではありますが、心霊という媒体を通して人間の業が描れており、ドラマ性の高い作品に仕上がっていて、ノスタルジックなどこか懐かしい気持ちにさせてくれる作品。そして、後半に行く程にその傾向が強くなります。また、主人公の女子高生3人のリアルな会話も見どころです。

プレイ・実況動画

#1【ホラー】弟者,兄者,おついちの「トワイライトシンドローム」【2BRO.】

ムーンライトシンドローム

発売日1997年10月9日
メーカーヒューマン
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

「トワイライトシンドローム 探索編・究明編」の続編でシリーズ第二弾。前作が心霊系ホラーだったのに対し、こちらは人間のリアルな怖さに焦点を当てたサイコホラーになっています。

また、登場人物や舞台は前作から一部引き継がれているものの、主人公が後輩の「岸井ミカ」に代わり・登場人物の性格が若干変わり・舞台の名前も微妙に違っていたりと、「パラレルワールド」的な位置づけの作品。

ストーリーは「岸井ミカ」が近代化が急激に進む雛代町に不穏な影を感じ、様々な事件に巻き込まれる一話完結型。

ゲームシステムは今作では会話中の選択肢は発生するものの、ゲームオーバーになることは無くストーリー展開にも影響は出ず完全に一本道。

プレイ・実況動画

PS『ムーンライトシンドローム』クリア-489本目【マルカツ!レトロゲーム】

トワイライトシンドローム-再会-

発売日2000年7月27日
メーカースパイク
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

ヒューマンが倒産後、スパイクに権利が移ってからの初の「トワイライトシンドローム」の続編。

前作「トワイライトシンドローム (探索編・究明編)」のシステムを踏襲しつつ、選択肢によるゲームオーバーが無くなる・写真撮影機能の自由度の増加・オートセーブ機能の追加等、プレイし易くなっています。2Dからフルポリゴンに進化しましたが、シナリオを含め一部の前作ファンには不満の模様です。

ストーリーは、「安堂友里」と姉の「安堂麻沙」、その彼氏の「神谷敦史」によって様々な心霊現象を解決していく1話完結型。

プレイ・実況動画

PS『トワイライトシンドローム 再会』クリア&その後の姉妹編クリア-499本目【マルカツ!レトロゲーム】

夕闇通り探検隊

発売日1999年10月7日
メーカースパイク
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

「トワイライトシンドローム」のスタッフが関わっている精神的続編の作品。同じく心霊系ホラーアドベンチャーです。

中学2年生の3人の主人公が、人面ガラスに100日で死ぬ呪いをかけられてしまい、その呪いを解く方法を探すという内容。

当作品も心霊系ホラーですが、心霊的な怖さというよりも思春期の人間関係や心の闇というリアルな怖さに重きを置いている作品。

プレイ・実況動画

#1【ホラー】弟者,兄者,おついちの「夕闇通り探検隊」【2BRO.】

弟切草 蘇生編

発売日1999年3月25日
メーカーチュンソフト
ジャンルホラー,アドベンチャー,サウンドノベル
プレイヤー1人

SFCで発売されたチュンソフトのサウンドノベルシリーズ第1弾のリメイク。当作品から「サウンドノベル」というジャンルが始まり、後に様々な作品が発売されました。SFC版からシーンの追加やシナリオの大幅な加筆修正が加えられています。

基本的にはテキストを読み進めていくだけですが、途中出てくる選択肢の回答によって展開・結末が大きく変わっていくのが特徴。展開はホラー、ミステリー、サスペンス、サイコ、オカルト、コメディーと多岐にわたります。

ストーリーはドライブ中に事故を起こした主人公とその恋人の奈美が古びた洋館にたどり着き、そこで様々な体験をするという内容。

かまいたちの夜 特別篇

発売日1998年12月3日
メーカーチュンソフト
ジャンルホラー,アドベンチャー,サウンドノベル
プレイヤー1人

SFCで発売されたチュンソフトのサウンドノベルシリーズ第2弾のリメイク。前作から内容がかなり進化しており、こちらの方が第1弾の「弟切草」よりもヒットして有名となりました。SFC版からグラフィックの向上・シナリオの追加を始め、いくつかの要素が追加されています。

こちらも弟切草と同じく選択肢により展開が変わり、ホラーからコメディまで様々な結末となります。

物語は主人公の透とガールフレンドの真理がペンション「シュプール」に殺人鬼と一緒に閉じ込められてしまい、事件の犯人を見つけ脱出するというもの。

プレイ・実況動画

#1【レトロ】兄者,弟者,おついちの「かまいたちの夜 特別編」【2BRO.】

黒ノ十三

発売日1996年9月27日
メーカートンキンハウス
ジャンルホラー,アドベンチャー,サウンドノベル
プレイヤー1人

テキストを読み進めていくと3つの選択肢が出てくるサウンドノベルゲーム。多数のシナリオライターと小説家が参加しています。ストーリーは分岐することはなく、選択肢を間違えるとゲームオーバーに。

内容は13の短編集で、最初は4つのシナリオから始めることができ、以降4本ずつ解放していくというもの。殆どのシナリオが暗い・悲しい結末を迎えます。特に「羽音」というシナリオは全作品中でも非常に暗くインパクトの強い内容で有名です。

プレイ・実況動画

【PS】黒ノ十三【#1 仮面】

オーバーブラッド

発売日1996年8月2日
メーカートンキンハウス
ジャンルホラー,SF,アドベンチャー,アクション
プレイヤー1人

当時流行った「バイオハザード」ライクなゲーム。研究所内で目覚めた記憶を失った謎の男ラズが記憶を取り戻し脱出するのが目的。

戦闘はあるが謎解きの方がメインで、初見殺しの即死トラップが多数あり。珍妙なキャラモーションや無駄に豪華な声優の熱演、豊富な死亡シチュエーション等バカゲー的要素も持ち合わせている色んな意味での名作。

ちなみに2作目もPS1で発売され名作ですが、こちらは世界設定は同じものの、ホラー要素の無いアクションゲームになっています。

プレイ・実況動画

クソゲー?名作?オーバーブラッドを実況プレイpart1

ダークメサイア

発売日1998年6月11日
メーカーアトラス
ジャンルサバイバルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

ペルソナで有名なアトラスが作ったホラーゲーム。

内容は東京の地下鉄で事故が発生し「東京メッシュ」という地下迷路に迷い込んだ主人公と女子高生が謎の化け物から逃げつつ、各ステージの謎を解きながら地上を目指すというもの。

謎の化け物に接触すると即ゲームオーバー(仲間がいる場合は仲間が死亡)、さらに化け物の速度は階を追うごとに速度が上昇していく。

プレイ・実況動画

#1 【レトロ】【ホラー】ダークメサイア

ゲゲゲの鬼太郎

発売日1997年1月24日
メーカーバンダイ
ジャンルホラー,アドベンチャー,オカルト
プレイヤー1人

鬼太郎ではなく怪奇事件に巻き込まれた一般人が主人公の怪談系ホラーゲーム。鬼太郎は主人公を助けてくれる脇役として登場する。

一般人が主人公の為に恐怖に対抗する手段がなく、それが逆に恐怖度の高さを上げている。

ストーリーは原作にはないオリジナルの話「学校編、ゲゲゲの森編、肉人形編」の3つ。特に「肉人形編」の童謡が当時トラウマになった人もいたという有名エピソードです。

プレイ動画・実況

【閲覧注意】伝説のトラウマゲーム『ゲゲゲの鬼太郎 肉人形編』

クロックタワー ~The First Fear~

発売日1997年7月17日
メーカーヒューマン
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

SFCで発売され大ヒットした「シザーマン」という殺人鬼が有名な横スクロール型のホラーアドベンチャーゲームです「クロックタワー」シリーズ第一作目の移植版。SFC版からOPムービーが差し替えられています。

孤児の美少女ジェニファーが巨大なハサミを持った謎の殺人鬼シザーマンから逃げつつ事件の謎を解くという内容。マルチエンディングで全9種類、難易度が非常に高く分岐点も分かり辛いので初見でベストエンディングを見るのはほぼ不可能。

プレイ・実況動画

#1【ホラー】弟者,兄者,おついちの「クロックタワー」【2BRO.】

クロックタワー2

発売日1996年12月13日
メーカーヒューマン
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

大ヒットしたクロックタワーシリーズの第二作目。前作から3D化になり演出、音響面も大きく向上し、前作とは一味違う雰囲気を演出している。

また前作は古典的ホラーだったのに対し、今作ではサイコホラー的な世界観が取り入れられ、平穏な日常が殺人鬼の出現によって一瞬にして非日常に変貌してしまう恐怖が描かれている。

ストーリーは死んだはずの殺人鬼シザーマンから逃げつつ復活の謎を解くというもの。今作では、主人公は前作の主人公ジェニファーかヘレンを選択できます。

プレイ・実況動画

#1【ホラー】弟者,兄者,おついちの「クロックタワー2」【2BRO.】

クロックタワー ゴーストヘッド

発売日1998年3月12日
メーカーヒューマン
ジャンルホラー,アドベンチャー,アクション
プレイヤー1人

クロックタワーシリーズの第三弾で、ヨーロッパから日本に舞台を移している。また、敵もシザーマンは登場せず、日本特有のオカルト世界をモチーフにした、Jホラー的な雰囲気が特徴です。

今作では主人公が二重人格で、男(翔)と女(優)を切り替えて進めるのが物語のカギとなっている。また男(翔)ではシリーズで初めて銃火器等での敵への攻撃が可能となる。

ストーリーは、障害事件が原因で転校することになった二重人格の主人公、御堂島優に起こる様々な事件や謎を解決するというもの。

プレイ・実況動画

追跡者が弱すぎて可哀相なクロックタワーGH:02

エコーナイト

発売日1998年8月13日
メーカーフロム・ソフトウェア
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

「ダークソウル」で有名なフロム・ソフトウェアが作った主観視点のアドベンチャーゲーム「エコーナイト」シリーズ第1作目。同社の他の作品同様に難易度が高いのが特徴。

24年前に消息不明になったはずの豪華客船「オルフェウス号」が舞台で、主人公が成仏できない霊の未練を解決し昇天させながら事件の謎を解いてストーリーを進めていく。

基本的に亡霊にこちらからの攻撃手段は存在せず、灯りを点けて撃退するか部屋を移動するしか逃れる術は無く、謎解きの難易度が非常に高いゲーム。

ストーリーの評価が非常に高く、一人一人に名前がある霊たちの過去・未練を描いた静かで哀しい物語が特徴的。真相を知れば逆に同情してしまいたくなるストーリーが本作最大の魅力です。

プレイ・実況動画

#1【レトロ】弟者の「エコーナイト」【2BRO.】

エコーナイト2 ~眠りの支配者~

発売日1999年8月5日
メーカーフロム・ソフトウェア
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

エコーナイトシリーズ第2作目。今作では深い森の中にある洋館が舞台に。設定上は前作と繋がっているものの、ストーリー的には完全に独立しています。主人公の名前も同姓同名だが別人。

システムや雰囲気は前作から殆ど変わっておらず、ストーリーの良さも健在。

謎解きの難易度の高さも前作同様で、今作からは探索範囲も広がり、登場する霊の数も増えて全体的に大幅にボリュームアップし、その分さらに難易度も上がっています。

プレイ・実況動画

echo night 2 プレイ動画 1 エコーナイト 眠りの支配者

サイレントヒル

発売日1999年3月4日
メーカーコナミ
ジャンルホラー,アドベンチャー,アクション
プレイヤー1人

全世界で大ヒットした「サイレントヒル」シリーズの第一作目で3人称視点によるラジコン操作のホラーゲーム。映画にもなっています。

主人公ハリーが行方不明の娘シェリルを探す為、濃い霧に包まれ異形の怪物が徘徊するサイレントヒルの街を、銃やアイテムを駆使しつつを捜索するというもの。町には多くの秘密と謎があります。

町には「表の世界」と「裏の世界」があり、血と錆や死体ばかりの悪夢のような「裏世界」は、以降サイレントヒルシリーズの象徴になっていきます。

どこか切なく悲しいシナリオ・世界観もこのシリーズの魅力。

プレイ・実況動画

【PS1】サイレントヒル #1【プレイ動画】

バイオハザード ディレクターズカット

発売日1996年3月22日
メーカーカプコン
ジャンルサバイバルホラー,アクション,アドベンチャー
プレイヤー1人

全世界で大ヒットし「サバイバルホラー」というジャンルを確立した、ラジコン操作・カメラ視点のゲーム「バイオハザード」シリーズの第一作目のノーカット版。最初に出てくるゾンビのムービーシーンと犬が飛び出してくるガラスのシーンが有名。

山で起きた猟奇殺人事件を調査に来た特殊作戦部隊S.T.A.R.S.(スターズ)が謎の化け物に襲われて山奥の洋館に閉じ込められてしまう。銃でゾンビや化け物を倒しつつ数々の仕掛けを解き、事件の謎を解き明かし脱出するのが本作の目的。

主人公は「クリス」と「ジル」のどちらかを選択することができ、若干戦闘能力と難易度・内容が違います。

プレイ・実況動画

バイオハザード1をプレイ!part1

バイオハザード2

発売日1998年1月29日
メーカーカプコン
ジャンルサバイバルホラー,アクション,アドベンチャー
プレイヤー1人

バイオハザードシリーズの第2作目。今作では「ラクーンシティ」という町全体が舞台に。前作から武器・モンスターの数が大幅にパワーアップしています。

赴任当日に遅刻してきた新人警官の「レオン」と、前作の主人公クリスの妹「クレア」が主人公です。操作方法は前作から変わらず、二人のどちらかを選択してゾンビや化け物だらけの「ラクーンシティ」から脱出するのが目的。

今作の特徴としてストーリーに表・裏があり、最初に選択した主人公のクリア後に、もう一人の主人公でその裏側の活躍をプレイできるようになっています。

プレイ・実況動画

【#1】バイオハザード2 ゆっくり実況プレイ【クレア表編】

バイオハザード3

発売日1999年9月22日
メーカーカプコン
ジャンルサバイバルホラー,アクション,アドベンチャー
プレイヤー1人

バイオハザードシリーズの第3作目。今作でも2と同じ「ラクーンシティ」が舞台で、時系列もほぼ同じです。

今作では1の主人公「ジル」が謎の追跡者「ネメシス」とよばれる化け物に追い回されながら「ラクーンシティ」から脱出するのが目的。主人公の選択はできません。

今までのシリーズと変わりアクション要素が強まっており、ガンパウダーによる「弾薬生成」、ボタンをタイミング良く押す「緊急回避」、すぐ後ろを振り向く「クイックターン」、時間制限ありの選択肢により状況を変える「ライブセレクション」等の新要素が導入。

プレイ・実況動画

バイオハザード3をプレイ!part1

Dの食卓 コンプリートグラフィックス

発売日1995年12月1日
メーカーワープ,アクレイム
ジャンルホラー,3Dアドベンチャー
プレイヤー1人

有名クリエイター故・飯野賢治氏の遺作で、3DOで発売された「Dの食卓」の移植版。3DCGで「映画」を意識した演出を行った画期的な作品です。

病院の院長を務める主人公ローラの父リクターが突如凶変し、患者やスタッフを射殺。そんな父を説得する為に病院を訪れたローラが父の精神世界の古城に引きずり込まれます。

戦闘は一切ありませんが、謎解きの難易度が高く、クリアまでに2時間の時間制限ありで、さらにセーブが出来ないという現在のゲームではありえない仕様になっています。初見でのクリアはまず不可能ですが、何度もプレイしていればタイムが縮まりクリアできるようになります。

何度もクリアする作品ではありませんが、独特の雰囲気と物語に隠された衝撃の事実が非常に評価が高い作品です。

プレイ・実況動画

5分で知ったかぶれる『Dの食卓』

コメント

タイトルとURLをコピーしました