PS1の名作ホラーゲームおすすめ一覧

PS1で発売された名作ホラーゲームをご紹介します。

「トワイライトシンドローム」シリーズ

PS1では「トワイライトシンドローム」シリーズは4作品が発売されています。

トワイライトシンドローム -探索編・究明編-

発売日探索編(前編):1996年3月1日
究明編(後編):1996年7月19日
SP(探索編+究明編) :1998年7月2日
メーカーヒューマン
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

「トワイライトシンドローム」シリーズの第一弾で90年代を舞台とした心霊系ホラーアドベンチャー。尖った作品が多いことで有名なクリエイター、須田剛一氏の初期作品(通称須田ゲー)。

当作品は探索編(前半)と究明編(後半)の2作に分かれていますが、後に探索偏と究明編がセットになった「トワイライトシンドロームSP」が発売しました。

女子高生3人を操作して、不穏な噂や都市伝説が漂う雛城町内の心霊スポットを探索し、その真偽を究明するという話で、1話完結型になっています。

心霊系ホラーではありますが、心霊という媒体を通して人間の業が描れており、ドラマ性の高い作品に仕上がっていて、ノスタルジックなどこか懐かしい気持ちにさせてくれる作品です。そして、後半に行く程にその傾向が強くなります。また、主人公の女子高生3人のリアルな会話も見どころです。

あらすじ

1996年、夏。武蔵野市の外れにある雛城町は、古きよき面影を色濃く残す土地である。

長谷川ユカリ、逸島チサト、そして岸井ミカが通う都立雛城高校もまた、鉄筋コンクリート製の新校舎の背後に、昭和の遺物である木造の旧校舎をしたがえている。その旧校舎に存在するのは、霊が現れるという得体の知れない噂。

ユカリ、チサト、ミカの三人は、不穏な噂が漂う雛城町内の心霊スポットを探索し、その真偽を究明する。

かつては雛代と呼ばれ、長い歴史を誇るこの土地には、その歴史の分だけ、そこに生まれ、死んでいった人々の想いもまた生き続けている。そして、それらの思いは何も、いいものばかりであるとは限らない。そこには喜びもあれば、怒りや悲しみも存在する。

夜の町は昼間から一変、全く違う様相を見せる。ユカリ、チサト、ミカの三人が足を踏み入れる数々の心霊スポットもまた、夕闇を経て、この世のものではない風景を見せる。

プレイ・実況動画

#1【ホラー】弟者,兄者,おついちの「トワイライトシンドローム」【2BRO.】

ムーンライトシンドローム

発売日1997年10月9日
メーカーヒューマン
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

「トワイライトシンドローム 探索編・究明編」の続編でシリーズ第二弾。前作が心霊系ホラーだったのに対し、こちらは人間のリアルな怖さに焦点を当てたサイコホラーになっています。

また、登場人物や舞台は前作から一部引き継がれているものの、主人公が後輩の「岸井ミカ」に代わり・登場人物の性格が若干変わり・舞台の名前も微妙に違っていたりと、「パラレルワールド」的な位置づけの作品。

ストーリーは「岸井ミカ」が近代化が急激に進む雛代町に不穏な影を感じ、様々な事件に巻き込まれる一話完結型です。

ゲームシステムは今作では会話中の選択肢は発生するものの、ゲームオーバーになることは無くストーリー展開にも影響は出ず完全に一本道。これは前作ファンからは賛否両論だったようです。

  • 横スクロール型の3D探索ゲーム
  • 人が怖いサイコホラー
  • 電波なストーリーに賛否両論

あらすじ

都市開発の波に押され、近代化を進めていく一方で、昔ながらの姿を失っていく雛代町。

岸井ミカが通う雛代高校もまた、新たに就任した校長の手腕によって進学校と化し、老朽化の進んだ木造の旧校舎に代わって近代的な校舎が増築され、何もかもが変貌を遂げていた。

ミカは、急激な変化と呼応するかのように、町に不穏な気配が漂い始めたのを感じていた。身近な例が、ここ最近、彼女の周囲に付きまとうようになったストーカーの存在である。それまでに起きたような心霊現象とは異なる、町に住む人間そのものを蝕もうとする狂気の気配が、ミカに忍び寄りつつあった。

プレイ・実況動画

PS『ムーンライトシンドローム』クリア-489本目【マルカツ!レトロゲーム】

トワイライトシンドローム-再会-

発売日2000年7月27日
メーカーヒューマン
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

ヒューマンが倒産後、スパイクに権利が移ってからの初の「トワイライトシンドローム」の続編。開発会社変わった為、須田剛一氏は関わっていない。

前作「トワイライトシンドローム (探索編・究明編)」のシステムを踏襲しつつ、選択肢によるゲームオーバーが無くなる・写真撮影機能の自由度の増加・オートセーブ機能の追加等、プレイし易くなっています。2Dからフルポリゴンに進化しましたが、シナリオを含め一部の前作ファンには不満の模様です。

ストーリーは、「安堂友里」と姉の「安堂麻沙」、その彼氏の「神谷敦史」によって様々な心霊現象を解決していく1話完結型。

  • 横スクロール型の探索ゲーム
  • 心霊系ホラー
  • シナリオ毎にBEST・GOOD・BADの3つの結末があり

あらすじ

そこはまるで、箱庭のような街だった。

中高一貫校・私立秀栄学園とその学園を中心として発展した街。深い森の中に忽然と姿を現したかのようなその街は、駅もマンションも病院も学園関係者しか利用する者がいない、外界から隔絶されたかのような閉鎖的な環境にあった。

学園関係者は、この地に縛り付けられていると言ってもいいかもしれない。もし、そうだとするならば、縛り付けられているのは果たして、生きている者だけなのだろうか。

全ての始まりは、七十年以上も前。ある悲惨な出来事をきっかけに一帯は買収され、森を切る取るかのように私立秀栄学園は建設された。そして今また、七十年の時を経て、私立秀栄学園に通うユウリ、マサ、アツシによって危険な火蓋が切られた。

晩夏、この街は夕闇を境に、忘れ去られていた過去をのぞかせることになった。

プレイ・実況動画

PS『トワイライトシンドローム 再会』クリア&その後の姉妹編クリア-499本目【マルカツ!レトロゲーム】

夕闇通り探検隊

発売日1999年10月7日
メーカースパイク
ジャンルホラー,アドベンチャー
プレイヤー1人

「トワイライトシンドローム」のスタッフが関わっている精神的続編の作品。同じく心霊系ホラーアドベンチャーです。

中学2年生の3人の主人公が、人面ガラスに100日で死ぬ呪いをかけられてしまい、その呪いを解く方法を探すという内容。

どちらかというと、心霊的な怖さというよりも思春期の人間関係や心の闇というリアルな怖さに重きを置いている作品。

  • 「トワイライトシンドローム」のスタッフによる精神的続編
  • 100日間で呪いを解いて解決するのが目的
  • 心霊の怖さより、中学生の人間関係や人間の心の闇というリアルな怖さ
  • 横スクロール型の探索ゲーム

あらすじ

高度成長期に伴い、ベッドタウンとして急速に発展した街、『陽見(ひるみ)市』。この街にある陽見台中学校では、人面ガラスの噂が囁かれていた。

ナオはメロスの散歩を口実に、想いを寄せる少女クルミを誘い、偶然を装いついてきたサンゴと3人で学校裏の森の中にある烏塚に向かう。

烏塚の手前から先へ進もうとしない愛犬メロスを水飲み場につなぎ、サンゴとクルミを残して1人で烏塚に向かうナオ。そして辿り着いた彼の前に人の顔をしたカラスが現れる。

「あと100日で、誰か死ぬ」

人面ガラスの不吉な言葉を聞き、恐怖のあまり気を失ってしまうナオ。

その翌日、サンゴはおトイレ軍団が噂話をしているのを耳にする。陽留見橋のあたりに花子さんのお墓があるというのだ。噂について調べてみる3人。

そして、陽留見橋近くの四辻でクルミはカスカと名乗る少女の霊と出逢う。

これを機に、陽見市で囁かれる数々の噂の検証が始まった。

プレイ・実況動画

#1【ホラー】弟者,兄者,おついちの「夕闇通り探検隊」【2BRO.】

かまいたちの夜 特別篇

発売日1998年12月3日
メーカーチュンソフト
ジャンルホラー,アドベンチャー,サウンドノベル
プレイヤー1人
  • テキストを読み進めていくと選択肢が出てくるサウンドノベルゲーム。選択によりストーリーが分岐。エンディングが多数あり
  • 殺人鬼と一緒に吹雪でペンションに閉じ込められた主人公が彼女と一緒に脱出するのが目的
  • SFCで発売された「かまいたちの夜」のリメイク。グラフィックの向上・シナリオの追加がされた

あらすじ

大学生の透は、ガールフレンドの真理にスキー旅行に誘われ、彼女の叔父である小林夫妻が長野県で経営しているペンション「シュプール」に滞在する。友達以上・恋人未満のまま進展しない真理との仲を縮めるべく、今回の旅行に意気込む透。

吹雪が止まぬ中、シュプールにはアルバイトの久保田俊夫・篠崎みどりのほかに、OL3人組の可奈子・亜希・啓子、関西人の社長一家の香山夫妻、フリーカメラマンの美樹本洋介など様々な人物が宿泊し、和気あいあいと自己紹介をしていく面々。

しかし宿泊客の中には、その場に似つかわしくないサングラスをかけて人目を避けているヤクザ風の男・田中一郎がいた。彼は宿泊中はほとんど部屋に引きこもっていて、食事のとき以外は誰とも顔を合わそうとはしなかった。

夕食後、OL3人組の部屋で「こんや、12じ、だれかがしぬ」と書かれたメモが発見され、その場では誰かのイタズラだと一蹴される。

しかし、夜9時過ぎに2階からガラスの割れる音がしたため、一同は2階の部屋を調べると田中の部屋でバラバラになった惨殺死体を発見する。部屋の窓は割れたまま開け放たれており、犯人の姿はどこにもなかった。

猛吹雪によって外に出ることもできず全員が完全に閉じ込められた形になり、電話線も切断して携帯電話も圏外のために助けを呼べないクローズド・サークルとなってしまう。

果たして、このバラバラ殺人は妖怪かまいたちによるものなのか?

プレイ・実況動画

#1【レトロ】兄者,弟者,おついちの「かまいたちの夜 特別編」【2BRO.】

黒ノ十三

発売日1996年9月27日
メーカートンキンハウス
ジャンルホラー,アドベンチャー,サウンドノベル
プレイヤー1人

  • テキストを読み進めていくと3つの選択肢が出てくるサウンドノベルゲーム。
  • 選択を間違えると次の選択肢に行く前にゲームオーバーに。ストーリーは分岐しない
  • 13の短編集。殆どのシナリオが暗い・悲しい結末を迎える

 

 

プレイ・実況動画

【PS】黒ノ十三【#1 仮面】

オーバーブラッド

発売日1996年8月2日
メーカートンキンハウス
ジャンルホラー,SF,アドベンチャー,アクション
プレイヤー1人
  • 研究所内で目覚めた記憶を失った男ラズが記憶を取り戻し脱出するのが目的
  • ポリゴンで描かれた戦闘もあるが謎解きの方がメイン。初見殺しの即死トラップ多数
  • 珍妙なキャラモーションや声優の熱演、豊富な死亡シチュエーション等バカゲー的要素も持ち合わせている

あらすじ

西暦2095年、突如大地震に見舞われ人々の生活は混乱を極めた。

極秘裏に管理されていたリステラ研究所内で、この異常事態により一人の男・ラズが、コールドスリープから目覚めた。

しかし彼は記憶を失っていたのであった。謎めいた状況下で、ラズは同じように記憶を失っている女性ミリィと出会う。自分たちの過去、正体、運命など、そして研究施設の本当の意味を探るために探索を続ける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました